ホーム お問合せはこちらから ページのトップへ戻る


高品質でお手頃価格なロゴマーク制作のドコドアロゴ
お問合せはこちらから お電話でのお問い合わせは0120-66-0209まで

4月, 2016年

みずほ銀行

2016-04-28

みずほ銀行

Logo Data

企業・サービス名 みずほ銀行
説明 みずほフィナンシャルグループの基幹銀行であり、日本3大メガバンクのひとつ。ブランドスローガンは「One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに」。銀行、信託、証券の一体化、法人と個人の一体化を戦略とし、多角的・有機的な総合金融サービスを提供。ワンストップサービスによる利便性の向上を図っています。
ちなみに「みずほ」は瑞々しい稲穂を意味しており、日本の美称として用いられている言葉。「国内外のすべてのお客様に豊かな実りをご提供していく」という同グループの決意が表現されています。
コメント シンプルなロゴタイプと躍動感のある赤い円弧による洗練されたデザイン。今まさに太陽が昇る一瞬の地平線をイメージしたもので、同行のスタッフひとりひとりの確固たる意志と情熱を表現しています。配色には「みずほコズミックブルー」と「みずほホライズンレッド」を使用。コズミックブルーからは信頼、誠実、ワールドスケール、クオリティといった信念が感じられ、ホライズンレッドからはヒューマニティや情熱といったサービススタイルが受け取られます。
業種 金融・保険
URL http://www.mizuhobank.co.jp

三菱東京UFJ銀行

2016-04-25

三菱東京UFJ銀行

Logo Data

企業・サービス名 三菱東京UFJ銀行
説明 日本3大メガバンクに数えられる三菱UFJフィナンシャル・グループの中核を担う三菱東京UFJ銀行。総資産で世界最大の銀行として知られています。首都圏・東海圏・近畿圏それぞれに基盤を持ち、3大都市圏で勢力を保つ一方で、海外業務にも注力してるバランスのとれた事業体制も魅力。「Quality for You 確かなクオリティを、明日へ、世界へ。」をキャッチコピーに、日本及び世界に選ばれる信頼のグローバル金融グループを目指しています。
コメント 三菱UFJフィナンシャル・グループの本格的な総合金融グループへの歩みの一歩として設定されたグループシンボルマークは、円形を重ね合わせることで同グループの目指す「グループの総力を結集して生み出す新しい総合金融サービス」と「お客さまと一体感のある親しみやすいサービス」を表現しています。同時に中央の円は新しいグループ、外側の交差する円は国内外への広がりを意味し、グループ全体の意思表現をカバー。威風堂々としながら品格を感じされるロゴタイプからは、信頼性が感じられます。そこにダイナミックな活力と顧客への情熱をイメージさせる赤と、信用・信頼感を伝えるグレイをうまく組み合わせて、頼りがいのある頑健な存在であることを印象付けています。
業種 金融・保険
URL http://www.bk.mufg.jp

三井住友銀行

2016-04-22

三井住友銀行

Logo Data

企業・サービス名 三井住友銀行
説明 2001年、住友グループの「住友銀行」と三井グループの「さくら銀行」が合併して誕生。2004年には株式会社三井住友フィナンシャルグループを設立しています。「お客さまにより一層価値あるサービスを提供し、お客さまと共に発展する」こと、「事業の発展を通じて、株主価値の永続的な増大を図る」ことを経営理念に掲げて新しいサービスを随時提供。三菱UFJフィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ並ぶ、日本3大メガバンクの一角を担っています。
コメント メインビジュアルは上昇カーブを表現した三井住友フィナンシャルグループの通称「ライジングマーク」。「お客さま、株主、社会と共に発展していく」という願いが込められています。3つのブロックにリズム感を持たせることで、安定・飛躍といった流れを乗り越えて成長していく姿を表現。配色はコーポレートカラーであり若々しさが感じられるフレッシュグリーンと、伝統や信頼のイメージが強いトラッドグリーンを使用し、革新と安定、変化と挑戦という同グループのアイデンティティをしっかりと反映しています。
業種 金融・保険
URL http://www.smbc.co.jp

高岡市美術館

2016-04-20

高岡市美術館

Logo Data

企業・サービス名 高岡市美術館
説明 開放感のある吹き抜けのアートホールを中心に、様々な企画展に対応可能な展示室を有する高岡市美術館。美術工芸や金属造形を中心とした展示を行うビコーレギャラリー(旧常設展)や市民ギャラリー、トークホールなども備えています。屋外の”高岡文化の森”には夜間ライトアップされる「光と水の塔」が建ち、屋上には展示スペースを兼ねたテラスも。二上山や立山連邦といった大自然を望みながら、アートともゆっくり向き合える美術館です。
コメント 公立の美術館として初めてグラフィックデザイナーにロゴ制作を依頼した経歴のある同美術館。グラフィックデザイナーである松永真氏が制作したシンボルマークは、真面目な表情といたずらっこのような表情、裏と表で表情の異なる同氏制作のブロンズ彫刻がベースとなって生まれました。アートとの新しい出会いによって少年少女だったころの気持ちを思い起こし、美術に触れる楽しさや発見の面白さを感じてほしいとの思いが込められています。
業種 その他
URL http://www.e-tam.info/index.html

玉川堂

2016-04-18

玉川堂

Logo Data

企業・サービス名 玉川堂
説明 世界有数の金属加工地として名を馳せる燕市で1816年(文化13年)に創業。以来鍋や釜などの日常銅器の製造のトップランナーとして鎚起銅器の製法を磨き、日本が初めて参加したウィーン万国博覧会に出品して以降、約30回の内外博覧会に出品しています。現在はその功労が認められて「新潟県無形文化財」に登録され、文化庁より「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」、経済産業大臣より「伝統的工芸品」の指定も受けています。
コメント 銅器の外側から叩いて美しい模様を創造する技法であり、玉川堂を代表するデザインでもある「大鎚目(おおつちめ)」がモチーフになっているロゴ。日の丸と家紋をイメージさせるフォルムにすることで、全世界で展開した際に”日本の老舗”であることが一目で識別できるようになっています。同社のコンセプトである「打つ。時を打つ。」が、人種や言葉の壁を超えて伝わる美しいロゴです。
業種 製造業
URL http://www.gyokusendo.com

snow peak

2016-04-14

snow peak

Logo Data

企業・サービス名 snow peak
説明 ものづくりのまち新潟県三条市で、ハイクオリティかつハイエンドなアウトドアギアを製作しているsnow peak。創業以来一貫して「自分たちもユーザーである」というポリシーを持ちながら、今までになかった製品を次々に業界に送りだし、近年のオートキャンプブームを牽引する存在にまで至りました。現在も「人生に、野遊びを。」をスローガンに、ナチュラルスタイルの喜びや楽しみをアピールしながら、その活動領域を日々広げています。
コメント snow peakとは雪をたずさえた山頂を意味し、snow peakの創業者が愛した谷川岳のことでもあります。ロゴに使われているアスタリスクは、もともとは小さい星という意味を持っていますが、snow peakでは雪の結晶と捉えています。よく見るとアスタリスクにはゆがみがあり、それによってより”自然らしさ”が強調されているように思えます。シンプルなロゴは、様々なキャンプギアやファニチャーはもちろん、アパレルにもぴったりマッチする美しさがあります。
業種 製造業
URL http://www.snowpeak.co.jp
トップへ戻るボタン
ドコドアロゴ

本 社新潟県三条市土場1-5 tel 0120-66-0209
新潟オフィス新潟市中央区天神1-1 プラーカ3 2F
東京オフィス渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22F