ホーム お問合せはこちらから ページのトップへ戻る


高品質でお手頃価格なロゴマーク制作のドコドアロゴ
お問合せはこちらから お電話でのお問い合わせは0120-66-0209まで

3月, 2016年

星野リゾート

2016-03-29

星野リゾート

Logo Data

企業・サービス名 星野リゾート
説明 長野県軽井沢で最初の旅館を開業してから、2016年で創業102年を迎える星野リゾート。「星のや」「界」「リゾナーレ」の3ブランドを中心に、全国にリゾート施設を展開しています。非日常空間の創生はもちろん、ホスピタリティにもこだわりを持ち、そのサービス精神は来訪者を魅了してやみません。2016年には「星のや 東京」のオープンが控えており、日本発のホスピタリティを世界に発信する起点が誕生します。
コメント 星野リゾートから連想される「高級感」「和」といったイメージを覆す、ゴシック体と直線を用いたややポップな印象が、ギャップを感じさせつつインパンクトも大。102年もの歴史を持つ老舗ながら、斬新なアイデアを積極的に採用し、常に新しいホスピタリティ提供し続ける同社の理念を象徴しているようです。「温泉旅館は日本文化のテーマパーク」と謳うだけあって、文字のフォルムから遊びのエッセンスも感じられるようなロゴになっています。
業種 サービス
URL http://www.hoshinoresort.com

上島珈琲店

2016-03-24

上島珈琲店

Logo Data

企業・サービス名 上島珈琲店
説明 日本のコーヒー市場の先駆者であり「カップから農園まで」の一貫したコーヒー事業を展開。コーヒー豆、コーヒー職人、抽出方法すべてにこだわった大人のためのコーヒーを、どこか懐かしさを感じさせる心地良い空間で提供しています。またコーヒー関連のイベントやコーヒー教室を定期的に開くなど、コーヒーの楽しさを広める活動にも余念がありません。
コメント 漢字による店名は「原点に立ち戻る」という意味が込められており、UCCの創業者・上島忠雄さんの直筆書体がベースとなっているオリジナルロゴ。老舗ならではの風格と力強さを感じさせます。また1933年神戸に創業以来変わらぬ価値観「コーヒーガもたらす豊かな瞬間PRECIOUS COFFEE MOMENTS」の発信も行い、歴史と経営理念面も同時にアピール。シンボルマークは喫茶文化を象徴するマッチ箱を模しており、レトロとモダンを融合させたアレンジが効いています。ワンポイントの赤い丸はコーヒーの実をイメージしているそうで、肩の力が抜けるコーヒータイムに通じるような遊び心が感じられます。
業種 飲食
URL http://www.ueshima-coffee-ten.jp

公益財団法人 日本野鳥の会

2016-03-23

公益財団法人 日本野鳥の会

Logo Data

企業・サービス名 公益財団法人 日本野鳥の会
説明 野鳥保護区の拡大と維持管理をはじめとする「野鳥や自然を守る事業」、野鳥ファン拡大を目的とした各種イベントや書籍発行などの「野鳥や自然を大切に思う心を伝える事業」を2大柱に、自然や野鳥を守る取り組みを行っている公益財団法人。近年では野鳥の会のロゴが入ったオリジナルグッズにも人気が集まっています。
コメント 鳥=「Bird」の頭文字Bに、小鳥をイメージしたようなくちばしと目を配したシンプルなロゴ。無駄な飾りをそぎ落とすことで、一番伝えたいメッセージと印象が残るよう工夫されています。日本野鳥の会には多数のオリジナル商品がありますが、アパレル商品に配されても違和感のないファッション性もあります。
業種 団体
URL https://www.wbsj.org

郡上八幡 水の学校

2016-03-18

郡上八幡 水の学校

Logo Data

企業・サービス名 郡上八幡 水の学校
説明 岐阜県の城下町・郡上八幡を「水のまち郡上八幡」として世界へアピールしているNPO法人。水環境学習ツアーや歴史を学ぶ体験プログラムなど、水環境と触れ合う機会を企画し、郡上八幡の「水との暮らし」を発信しています。
コメント 雫をイメージしたシンボルマークの中に学校を表す記号「文」を据え、水を学ぶという活動を端的に表現しています。また漢字で区切られた各スペースは様々なブルーで彩られ、多種多様な活動を象徴しているかのよう。文字に動きを持たせることで、楽しそうな雰囲気も伝わってきます。
業種 団体
URL http://www.gujohachiman-mizunogakkou.jp/

いつまでも富士山を世界遺産に

2016-03-09

いつまでも富士山を世界遺産に

Logo Data

企業・サービス名 いつまでも富士山を世界遺産に
説明 認定NPO法人 富士山世界遺産国民会議による、世界文化遺産である富士山を後世へと引き継ぐためのプロジェクト。各種イベントを主催するなどのPR活動、楽しく学べる教育活動、美しさを保つ維持費の募金活動などを通して、環境保全などを目的に活動しています。
コメント 世界文化遺産登録に先駆け「富士山を世界遺産に」というスローガンを体現したロゴが完成。2013年6月の登録後は「いつまでも」の文言が追加されています。ピースの欠けた富士山は、保全計画を中心とする世界遺産としての”足りなさ”を示しており、個々が持つピース(pieceでありpeace)で埋めていこうという、未来への思いが込められています。
業種 団体
URL https://www.mtfuji.or.jp

ピジョン株式会社

2016-03-08

ピジョン株式会社

Logo Data

企業・サービス名 ピジョン株式会社
説明 1951年に設立されたピジョン株式会社。育児・マタニティ用品、女性ケア用品の製造から保育事業までを手掛けています。「ピジョン」は、「PIGEON」つまり「鳩」を意味しています。平和の象徴である鳩に、「赤ちゃんの幸せを願い、平和で豊かな社会であってほしい」という同社の思い・企業理念が込められているそうです。
コメント 2つのハートをあしらったロゴは、通称「ダブルハート」とも呼ばれ、お母さんとお腹の赤ちゃんのハート(心臓)を表現しています。大きなハートの中に小さなハートを組み込むことで、赤ちゃんを包み込むような優しさが感じられるほか、社名の頭文字「P」の造形がイメージされています。
業種 メーカー
URL http://www.pigeon.co.jp

丸橋とうふ店

2016-03-04

丸橋とうふ店

Logo Data

企業・サービス名 丸橋とうふ店
説明 岩手県大船渡に昭和10年創業、長らく街の豆腐屋さんとして親しまれてきた老舗ですが、東日本大震災にて被災。その後、新しいロゴ、パッケージとともに再出発することになりました。しかしながら国産大豆を使用し、出来たて・揚げたてにこだわる姿勢と優しい味わいは昔と変わらず、世代を問わず愛され続けています。
コメント 「歴史をつみ重ねる。毎日をつみ重ねる。」というテーマを、豆腐を積み重ねたようなビジュアルで表現しています。創業の長さ、歴史の重みを感じさせながらも、豆腐という身近な食べ物を的確にアピール。四角で構成されているフォルムの中にも、豆腐の触覚的柔らかさが同居しています。2012年のグッドデザイン賞も受賞しています。
業種 飲食
URL https://ja-jp.facebook.com/maruhashitofuten

TAKAO599MUSEUM

2016-03-03

TAKAO599MUSEUM

Logo Data

企業・サービス名 TAKAO599MUSEUM
説明 東京都八王子市、標高599メートルの高尾山の麓に、2015年夏デビュー。「世界一登山客が多い山」の異名を持つ高尾山の生態系や歴史、魅力を余すところなく展示・発信する無料のミュージアムとして早くも注目を集めています。カフェやショップも展開され、訪問者同士の繋がりや交流を促進する役割も果たしているようです。
コメント 高尾山の魅力を再確認してほしいという思いを、「599」という標高を用いた施設名で体現しながら、標高は低くとも雄大さと存在感を感じさせる高尾山を、三角形というシンプルなフォルムで表現することで、その効力を存分に発揮しています。全体としての所見は博物館を模した建物の造形のように見受けられるのもポイント。
業種 その他
URL http://www.takao599museum.jp

仙台うみの杜水族館

2016-03-02

仙台うみの杜水族館

Logo Data

企業・サービス名 仙台うみの杜水族館
説明 2015年7月、宮城県仙台市に開館した東北最大規模の水族館。キャッチコピーは「いのちきらめく、うみの杜」。同年5月に閉館したマリンピア松島水族館の技術や精神を継承しながら、東日本大震災の復興シンボルとしても位置付けされ、「海と人、水と人との、新しいつながりを『うみだす』水族館」のコンセプトのもと、50万種2万5,000匹を展示するほか、エンターテインメントにも力を入れています。
コメント 人という字と水の流れをデフォルメしたシンボルマークは、その関わりの深さと、互いに寄り添いながら生きていくという信念を感じさせます。またよく見ると仙台の「仙」という漢字を彷彿とさせる造形であることにも気付かされます。配色は「杜の都」との呼ばれる仙台市の豊かな自然の色・緑と、遥かなる海と水の色・青を同居させることで、地域の風土を色濃く反映しています。
業種 その他
URL http://www.uminomori.jp/

庖丁工房タダフサ

2016-03-01

庖丁工房タダフサ

Logo Data

企業・サービス名 庖丁工房タダフサ
説明 金属製品製造業が盛んな「鍛冶の町三条」として知られる新潟県三条市で、昭和23年に創業。以来、一貫して全行程を手作業で行い、毎日の暮らしを豊かにする美しく実用的な庖丁作りを続けています。
現在は平成24年にデビューした「庖丁工房タダフサ」ラインが主力となり、「基本の3本」「次の1本」というシリーズを展開。またパンくずがほとんど出ないパン切り庖丁は発売以来、現在でも生産が追いつかず、予約待ちというヒット商品となっています。
コメント 全行程を手作業で行うという職人の気概や技術の高さを表現するために、古来から製造に用いられてきた「火箸」をモチーフにしたグラフィックをメインに据え、滑らかな切れ味を体現するかのように、”とがり”を感じさせない自由曲面を駆使した造形でブランド名を模しています。女性が使うことの多い庖丁に親しみと温もりを添え、長く愛される庖丁のブランディングに一役買っています。
業種 製造業
URL http://www.tadafusa.com
トップへ戻るボタン
ドコドアロゴ

本 社新潟県三条市土場1-5 tel 0120-66-0209
新潟オフィス新潟市中央区天神1-1 プラーカ3 2F
東京オフィス渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22F